欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ポンドが反発、英中銀当局者がタカ派的な発言

  21日のニューヨーク外国為替市場で英ポンドが反発。イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、アンディ・ホールデン氏のタカ派的な見解が材料となった。前日はカーニー総裁が利上げを急がない考えを示唆したことからポンドは売りを浴びた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ポンドはドルに対して0.3%上昇して1ポンド=1.2671ドル。ドルは対円で0.1%下げて1ドル=111円38銭。

  ホールデン氏は金融政策委員会(MPC)の中のタカ派グループに加わる方向に傾いている。政策引き締めを遅らせ過ぎることのリスクが高まっているとの認識を示すとともに、6月の利上げを支持することも検討したと明らかにした。

  原油安を背景にカナダ・ドルや豪ドル、ニュージーランド・ドルなど資源国通貨が対ドルで下落。ニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は3日続落した。米国の在庫が減少したものの供給過剰の解消に対して懐疑的な見方が強く、売りが続いた。
  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下した。

  ドルはこの日、対円で111円74銭まで上昇する場面もあった。朝方発表された米中古住宅統計が好感された。5月の米中古住宅販売件数は前月比で増加。住宅需給のひっ迫で価格が上昇する中での販売増加となった。

原題:Currency Traders Jolted by Haldane as Pound Hogs the Limelight(抜粋)
BOE’s Haldane Sees Case for Raising Interest Rates This Year(抜粋)

◎米国株:下落、原油値下がりでエネルギー安い-テクノロジーは上昇

  21日の米株式市場では主要株価指数が下落。原油相場の下げ拡大がエネルギー株などに重しとなった。一方、テクノロジーやバイオ技術関連は上昇した。

  原油市場では北海ブレント原油がバレル当たり45ドルを割り込み、ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物に続いて弱気相場入りした。これに反応し、S&P500種のエネルギー株指数は2カ月ぶり安値に下落した。半導体銘柄を中心にテクノロジー株は値上がりした。

  S&P500種株価指数は前日比0.1%安の2435.61。ダウ工業株30種平均は57.11ドル(0.3%)安の21410.03ドル。

  テクノロジー銘柄の比重が高いナスダック100指数は1%上昇した。ナスダック総合指数は0.7%高。

  S&P500種の業種別11指数では、エネルギー株指数は1.6%安となった。情報技術株の指数は0.7%上げた。

  個別銘柄ではナイキが上昇。事情に詳しい関係者は、アマゾン・ドット・コムが同社サイト上での模倣品販売の防止を目的としたブランド登録プログラムを通じて、ナイキのシューズ販売を開始すると明らかにした。
原題:U.S. Stocks Drop on Brent Bear Slump, Gold Rises: Markets Wrap(抜粋)
原題:MARKET WRAP: U.S. Stocks Slip from Highs as Energy Shares Drop(抜粋)
原題:Amazon Said to Sell Nike Shoes Directly Via Brand Registry (1)(抜粋)

◎米国債:30年債は小幅続伸、原油安が支援-10年債ほぼ変わらず

  21日の米国債市場では償還期限が長めの米国債への需要が根強く、30年債の利回りは低下した。午後には閑散とした商いの中、原油相場の下落に支えられて狭いレンジ内でもみ合った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)未満上げて2.16%。30年債利回りは1bp低下し2.73%。

  原油相場が前日に続いて下げ、エネルギー関連株が売られたことが午後の市場で国債相場の下値を支えた。ニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が日中、昨年8月以来の安値を付けたほか、北海ブレント原油は11月以降で初めて45ドルを割って取引を終えた。

  朝方はイングランド銀行MPCメンバーのアンディ・ホールデン氏が年内の利上げを支持する姿勢を示したことで英国債相場が下落し、米国債も軟調に推移していたが、引けにかけて下げを埋める展開となった。

  5年債と30年債の利回り差は一時95bpと、過去9年で最小となった。
原題:Treasuries Steady, Long-End Demand Persists; Oil Slide Supports(抜粋)
原題:EGB Curve Flattening Continues; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

◎NY金:小反発、個人投資家が買い継続、機関投資家は資金引き揚げ

  21日のニューヨーク金先物相場は小幅反発。金の取引フローでは個人投資家や小規模ファンドが金の保有を続ける一方、大手の機関投資家は資金を引き揚げていることが示されている。

  金を裏付けとする上場投資信託(ETF)2位のアイシェアーズ・ゴールド・トラストの保有量は7カ月ぶり高水準を維持したものの、競合大手からは資金が引き揚げられた。

  エバーバンク・ワールド・マーケッツ(セントルイス)のクリス・ギャフニー社長は電話インタビューで、「リテール投資家は通常、長期的な購入・保有型だ」と指摘。「機関投資家はどちらかといえば、買って売って、短期的見通しを利用する可能性が高い。その中の一部はただ利益を確定しているだけだ」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比0.2%高の1オンス=1245.80ドルで終了。一時は1241.70ドルと、中心限月としては5月17日以来の安値をつけた。
原題:iShares Gold Buyers Keep the Faith as Larger ETF Investors Flee(抜粋)

◎NY原油:3日続落、ブレントも弱気相場入り-根強い需給不安

  21日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は3日続落。米国の在庫が減少したものの供給過剰の解消に対して懐疑的な見方が強く、売りが続いた。WTIに続いて、北海ブレント原油も弱気相場入りした。

  ETFセキュリティーズの投資戦略ディレクター、マクスウェル・ゴールド氏(ニューヨーク在勤)は「弱気な見方があふれている。センチメントが相場を圧迫している側面がかなり強い」と指摘した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI8月限は前日比98セント(2.25%)安い1バレル=42.53ドルで終了。一時は昨年8月以来の安値を付けた。ロンドンICEの北海ブレント8月限は1.20ドル下落の44.82ドル。1月高値からの下落率は22%となった。
原題:Brent Joins U.S. Crude in Bear Market Amid Oversupply Anxiety(抜粋)

◎欧州株:続落、金融サービス株が指数圧迫-資源関連は反発

  21日の欧州株式相場は続落。資源関連が買われたものの、金融サービス株が下落し、指数を押し下げた。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.2%安の388.50で終了。鉱業株は前日に2カ月ぶりの大幅安となったが、この日は反発。一方、今年の消費者信用部門の利益がほぼ半減する見通しだと発表した英プロビデント・フィナンシャルが18%安と急落するなど、金融サービス株が相場を圧迫した。

  ただ、イタリアの銀行株は上昇。経営難に陥った同国北部ベネト州の2銀行について、インテーザ・サンパオロが資本や配当に害を及ぼさない限り一部の資産や負債を買い取る用意があると表明した。UBIバンカは5.1%高、インテーザは2.5%高。

  英FTSE100指数は0.3%安。同指数は輸出銘柄の占める比重が高く、イングランド銀行でチーフエコノミストを務めるアンディ・ホールデン氏のタカ派的な発言でポンドが上昇したことが響いた。
原題:Europe Stocks Slip as Financial Companies’ Loss Outweighs Miners(抜粋)

◎欧州債:上げ消す、英中銀委員の発言で利上げ見込む方向へ水準訂正

  21日の欧州債市場では、中核国の国債が上げを消す展開だった。株が寄り付きから下げたことに伴い朝方は中核国の国債が上昇したが、イングランド銀行MPCメンバーのアンディ・ホールデン氏が年内の利上げを支持する姿勢を示し、短期債を中心に利上げを見込む水準訂正が発生した。

  スペイン債は比較的堅調な地合いが続いた。新規発行の観測が後退している。一方、ポルトガル債の軟調が目立った。ディーラー経由で長期債を狙い撃ちにした売りが相次いだが、何もニュースは伝わっていないと複数のトレーダーが話した。

  欧州株の持ち直しでドイツ債先物は朝方の上げを失った。ドイツ債のイールドカーブはフラット化が続き、5年債と30年債のスプレッドは4.5bp縮小。

  英国10年債と同年限のドイツ債との利回り格差は2bp拡大。ホールデン氏の発言が響いた。
原題:EGB Curve Flattening Continues; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE