20日の米株式相場は反落。主要株価指数は過去最高水準から下げた。世界的な供給過剰が続くとの懸念を背景に原油相場が下落、弱気相場入りしたことを手掛かりに、エネルギー株が売られた。S&P500種株価指数はここ1カ月で最大の下げ。

  エネルギー株のほか、一般消費財などの景気敏感株も下げた。またアパレル株も安い。アマゾン・ドット・コムが新ファッションサービス「プライム・ワードローブ」を発表したことに反応した。

  S&P500種株価指数は前日比0.7%安の2437.03。下落率は5月17日以来最大。ダウ工業株30種平均は61.85ドル(0.3%)安の21467.14ドル。

  この日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は続落。直近高値からの下落率が終値ベースで20%以上となり、弱気相場に入った。

  S&P500種の業種別11指数ではエネルギー株が1.3%安。一般消費財・サービスの指数も1.3%下げた。金融と情報技術はともに0.8%安。

  一方でヘルスケアと公益事業の指数は上昇した。

  米アマゾンのウェブサイトによると、現在試験運用中の「プライム・ワードローブ」は有料プライム会員特典の一つとして提供され、利用者は購入前に試着し、割引価格で購入できる。

  S&Pスーパーコンポジット衣料小売株指数は3%下落した。

原題:U.S. Stocks Drop Most in Month on Oil Bear Market: Markets Wrap(抜粋)
原題:U.S. Apparel Stocks Fall After Amazon Announces Prime Wardrobe(抜粋)
原題:Amazon Announces Prime Wardrobe, A New Fashion Platform (抜粋)
原題:MARKET WRAP: U.S. Stocks Drop From Highs as Energy Shares Slide(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE