1時間1000ドル報酬でも退屈、ウォール街狙ったハンターに転身

弁護士のダン・ブロケット氏と同僚らは10年前に、安定した仕事を捨てて大きな獲物を狙うハンターのような仕事に商売替えした。巨大銀行を守るための仕事で1時間の業務につき1000ドル(約11万2000円)を稼ぐ代わりに、元雇用主だったこうした銀行を相手取り、勝訴した場合に限り回収できた金額の一部を報酬として受け取る仕事に転じた。

ダン・ブロケット氏

Photographer: Christopher Goodney/Bloomberg

  自身の法律事務所、クイン・エマニュエル・アーカート・アンド・サリバンで語ったブロケット氏(61)は、「成功報酬型」システムに移行したことにとても満足していると述べた。「成功報酬の方がいい。時間単位の課金システムは退屈だ」という。

  同氏はある意味で、フリーランスの証券業界監視員になった。規制を嫌うトランプ米大統領の時代に有用さを増す職種だ。今ではウォール街から恐れられ、同業者からうらやましがられている。同氏によれば、法廷に至る前の和解も含めて引き受けた仕事の90%で勝利している。

  昨年はシティグループやバンク・オブ・アメリカ(BofA)などウォール街の銀行が反トラスト法違反を巡り20億ドル支払いで合意した件で、2億5000万ドルの報酬を勝ち取った。同氏の法律事務所クイン・エマニュエルは過去4年に、金融不正絡みの和解で300億ドル以上を稼いだとしている。

  コロンビア大学の法学教授ジョン・コフィー氏は、同事務所は「大きな賭けをしていて、花形弁護士を抱えている」と話した。クイン・エマニュエルは650人の弁護士を擁し、ウォール街を守る時間報酬の仕事もブロケット氏以外のグループが請け負っている。法律調査会社ALMインテリジェンスによると、昨年のパートナー1人当たり利益は500万ドルと原告側に立つ事務所の中では最高だった。

原題:Bored by $1,000-an-Hour Pay, a Lawyer Hunts Wall Street Scores(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE