東芝、半導体子会社の「日米韓連合」売却で最終調整入り-NHK

半導体子会社「東芝メモリ」の売却で、産業革新機構や米投資ファンド、韓国半導体大手のSKハイニックスなどからなる「日米韓連合」と優先的に交渉を進めることで最終調整に入ったと、NHKが報道した。

  • 東芝は21日の取締役会に諮る-NHK
  • 日米韓連合は2兆円規模の資金を確保しているとされる
  • 東芝は28日の株主総会までに正式な契約締結を目指す

  

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE