米国で健康食品販売会社を経営するサム・ウルフ氏は10年余り前、オンライン販売を開始した。ペンシルベニア州にある同社は数千種類に上る栄養補助食品を自社のウェブサイトのほか、アマゾン・ドット・コムやeベイで世界各国に販売する。しかし、そうしたノウハウがあっても、アリババ・グループ・ホールディングのオンラインストアを通じて中国向けに販売する準備は十分ではなかった。

  中国でブランド認知度がほとんどない米中小企業を営むウルフ氏のような経営者こそ、アリババの馬雲(ジャック・マ)会長が同社のウェブサイトへの出店を勧誘したいと考えている販売業者だ。馬会長は今週、同社の「ゲートウェイ」会議のために米デトロイトに到着する。

馬氏とトランプ大統領
馬氏とトランプ大統領
Bloomberg

  この2日間のイベントには、アリババを通じて中国で成功する方法を学ぶため、農家から有力ブランドのマネジャーに至るまで数千人の米国の事業オーナーが集まる。馬会長は、米国で100万人の雇用を創出するというトランプ大統領と今年行った約束を果たす方針だ。

原題:Jack Ma Woos Mom and Pop Shops in U.S. Jobs Push (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE