アルゼンチンは初の100年債起債を計画している。950億ドル(約10兆5800億円)のデフォルト(債務不履行)に絡む債権者との係争がようやく決着してから1年弱、同国に対する投資家の信頼感が試される。

  これまでにメキシコとアイルランド、英国が期間100年以上の国債を発行している。長期リターンを確定したい保険会社や年金基金にとって、100年債は魅力的な投資先と受け止められることが多い。

  取引が非公開だとして匿名を条件に述べた関係者によると、100年債は額面1ドルに対して90セント、表面利率7.917%となる可能性がある。共同主幹事はシティグループとHSBCホールディングス。アルゼンチンの財務省は起債計画を確認したが詳細については言及しなかった。

原題:Argentina Plans 100-Year Bond Sale Year After Curing Default (4)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE