ロンドン北部のモスクの近くで19日にバンが歩行者群に突っ込んだ事件を、英警察はテロと断定し、捜査を進めている。

  ロンドン警視庁テロ対策指令部の幹部ニール・バス氏によると、事件で少なくとも1人が死亡し、10人が負傷した。全員が「イスラム教コミュニティーのメンバー」だという。バンを運転していた48歳の男は拘束され、病院に搬送された。

事件現場への道路で警戒する警官ら(19日、ロンドン・フィンズベリーパーク)
事件現場への道路で警戒する警官ら(19日、ロンドン・フィンズベリーパーク)
Photographer: Carl Court/Getty Images

  カーン・ロンドン市長は声明で、「明らかに、無辜(むこ)のロンドン市民に対する意図的な攻撃だ。多くはラマダン中の祈りを終えたばかりだった」と糾弾した。

  相次ぐテロで治安の脆弱(ぜいじゃく)性が浮き彫りになる中、メイ首相への圧力は増すばかりだ。欧州連合(EU)離脱交渉という未曽有の課題に加え不安定な政府、ロンドン高層住宅火災の事後処理と難題が山積している。首相は国家緊急治安特別閣議(コブラ、COBRA)を招集した。

  バス氏によると、死亡が確認された男性は事件発生時に救急治療を受けていた。また、負傷者のうち2人は重体だという。警察の発表によると、テロ対策指令部が捜査を主導している。現場で他の容疑者は確認されていないという。

  バンから飛び出してきた男はイスラム教徒を皆殺しにしたいと叫んでいたと、目撃者の1人がBBCに述べた。3月に起きたウェストミンスターでの事件、5月のマンチェスターのテロ、6月8日の総選挙の数日前のロンドンブリッジでの攻撃はいずれも、イスラム過激派の犯行だった。

  野党・労働党の通商担当スポークスマン、バリー・ガーディナー氏は、モスク付近で発生した今回の事件は「復讐だったように見えるだろう。そしてわれわれを分裂させることがまさに、テロリストの目的だ」とBBCに語った。

原題:May Says North London Van Crash ‘Potential Terrorist Attack’ (1)(抜粋)
Suspected Terror Attack Near London Mosque Piles Pressure on May(抜粋)
*MAY: POLICE DECLARED ATTACK A TERRORIST INCIDENT W/IN 8 MINS

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE