アップル、ソニー・ピクチャーズ幹部2人採用-独自番組制作に本腰か

  • ジェイミー・アーリクト、ザック・バンアンバーグ両氏が入社へ
  • 「ブレイキング・バッド」や「ザ・クラウン」などの番組手掛ける

アップルは16日、ソニー・ピクチャーズテレビジョンで「ブレイキング・バッド」や「ザ・クラウン」などの番組を手掛けた幹部2人の採用を発表した。独自の動画番組の制作に本腰を入れつつある証拠がさらに増えた。

  発表資料によると、アップルが今回採用するのはジェイミー・アーリクト、ザック・バンアンバーグ両氏。共に2005年からソニー・ピクチャーズテレビジョンで社長を務め、ネットフリックスなどストリーミングサービスが掘り起こした質の高い番組シリーズへの需要の取り込みに貢献した。

  ソニー・ピクチャーズエンタテインメントの責任者、トニー・ビンシクエラ氏は15日、従業員宛てのメモでアーリクト、バンアンバーグ両氏の退社を報告。後任探しの間、他の幹部が職務を代行すると明らかにした。

原題:Apple Hires Sony’s ‘Breaking Bad’ Team as TV Push Gains Momentum(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE