中国人民銀行(中央銀行)は16日、ネットベースで1月以来となる大規模な資金供給を行った。季節要因で流動性が引き締め気味になり、資金需要が膨らんでいることに対応した。

  ブルームバーグの集計データによると、人民銀は今週、リバースレポを通じて差し引き4100億元(約6兆6900億円)を金融システムに供給。16日だけでも差し引き2500億元と、1営業日として1月18日以来の大規模な供給を行った。

  短期金融市場の指標金利である7日物レポ金利は16日、加重平均で12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.88%。このままいけば週間ベースで2週連続の低下となる。

  6月末は当局による銀行検査で例年、資金不足感が強まる。当局が進めるレバレッジ解消の取り組みにより流動性逼迫(ひっぱく)感が増幅するとの懸念を、人民銀による資金供給拡大が和らげることになる。

原題:PBOC Injects Most Funds Since January to Offset Cash Squeeze(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE