最近のテクノロジー株急落を強気に捉え、これを経済が改善に向かう兆候だとする見方がある。

  ウェルズ・キャピタル・マネジメントでチーフ投資ストラテジストを務めたジム・ポールセン氏はリポートで金融株とテクノロジー銘柄の相対的なパフォーマンスを取り上げ、これからの景気トレンドを指し示しているのかもしれないと指摘した。

  同氏によれば、景気拡大時にはテクノロジー株のバリューが低下する一方、銀行株のバリューが強まる。従って、テクノロジー株からの循環的な資金流出は「来るべき米国の景気モメンタムの再加速を示唆している可能性がある」としている。

原題:Contrarian Case Says Tech Bloodletting Is Bullish Economy Signal(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE