15日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。一時は4月下旬以降で最大の上げとなり、週初からの下げを埋めた。米経済指標がそこそこ明るい内容だったことが、ドルの買い手掛かりとなった。

  ドルは主要10通貨に対してはポンドを除く全てに対して値上がり。対ユーロでは月初来高値を更新し、対円ではテクニカル上の重要な抵抗線を上抜けた。ブルームバーグのドル指数は一時約0.6%高と、4月26日以降で最大の上げとなった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.5%上昇。

  ドルは対円で1.2%上昇し1ドル=110円93銭。対ユーロでは0.7%上げて1ユーロ=1.1145ドル。

  ただバンク・オブ・ノバスコシアのショーン・オズボーン氏は、ドルに対して慎重姿勢を示している。トランプ大統領が司法妨害を行ったかどうかについてモラー特別検察官が調査しているとの報道は、トランプ氏を巡る「問題が政権のアジェンダ実行を遅らせ、投資家はリスクがより少なく、より有望な市場(最近では欧州)に資金を移動させる」と指摘。「短期的なドル上昇は、売りの好機だと考えられる」と続けた。

  朝方発表された経済指標では、週間新規失業保険申請件数が市場予想を下回った。またニューヨーク連銀製造業景況指数は予想を上回った。このほかフィラデルフィア連銀製造業景況指数は低下したものの、市場予想ほどは落ち込まなかった。

  ユーロは、一時1ユーロ=1.1132ドルと月初来安値を更新。前日は連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表前までは上昇していたが、抵抗線となっていた11月9日の高値1.1300ドルを上抜けられなかった。

  ドルは対円で1週間ぶり高値となる1ドル=110円98銭に上昇し、テクニカル上の抵抗線である200日移動平均の110円64銭を上回った。

原題:Dollar Adds to Gains as U.S. Data Supports Fed Outlook on Rates(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE