オーストラリアのターンブル首相は14日夜の非公開のスピーチで、トランプ米大統領の物まねをして冗談を飛ばした。米大統領選挙へのロシア関与を巡る米当局の調査もネタにし、米豪関係に支障が出るとの不安がささやかれている。

ターンブル豪首相
ターンブル豪首相
Photographer: Sanjit Das/Bloomberg

  ターンブル首相は官邸担当記者らとの夕食会で、トランプ大統領が選挙戦中にオンライン世論調査について語っている様子を演技し、「勝利はたやすい。私にはこのロシア人が味方についている。信じてくれ、本当、本当だ」などとおどけてみせた。

  記者らはスピーチについて報道しないようにくぎを刺されていたが、テレビ局の一つが15日に音声部分を放送。ターンブル首相の発言とともに聞き手たちの笑い声が録音されていた。

  トランプ大統領は選挙戦中にロシアとの癒着があった疑惑が捜査されている。同大統領はオバマ前大統領がオーストラリアのオフショア収容所から難民を引き取る約束をしたことを批判し、米豪首脳の関係は波乱の滑り出しだったが、5月の会談で修復された。

  ターンブル首相は15日のラジオインタビューで物まねについて、「親しみを込めた気軽なもの」で「冗談の矛先は私自身だった」とし、トランプ氏を笑いものにしたわけではないと説明した。発言が漏えいしたことにがっかりしたと付け加えた。

原題:Aussie Leader Lampoons Trump in Speech Mentioning ‘Russian Guy’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE