英国の小売売上高は5月に予想以上に落ち込み、ここ3カ月で2回目の減少となった。物価上昇が消費者の購買力を損なっている状況が浮き彫りとなった。

  英政府統計局(ONS)が15日発表した5月の小売売上高指数(燃料含む)は前月比1.2%低下した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の0.8%低下を大きく下回った。燃料を除いたベースでは1.6%低下と、今年最大の下げを記録した。

  小売売上高の低迷は、家計圧迫が消費に影響を及ぼし始めている状況をさらに裏付けるものだ。トップス・タイルズやネクストなどの小売企業はここ数週間、事業環境が困難な状態にあると警告している。

  ONSによると、前月は燃料を除く小売業の全業種で売り上げが減少。ポンド安に伴う価格上昇で、消費者は生活に必須でない支出への切り詰めを迫られている様子だ。

  家庭用品の売り上げは前月比5.7%減、衣料品・靴は0.1%減った。百貨店は0.8%減、コンピューターや書籍などその他販売店の売上高は2.9%減少。食料品売り上げは0.9%減った。

原題:U.K. Retail Sales Fall More Than Forecast as Squeeze Hits (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE