スイスの2大銀行、UBSグループとクレディ・スイス・グループは損失吸収能力の改善が進み、厳格化された国内の資本規則が定める最低要件の達成に向かっている。スイス国立銀行(中央銀行)が指摘した。

  同中銀は15日公表した年次金融安定報告で、UBSとクレディ・スイスは「継続事業体のリスク加重要件をすでに完全に満たしている」とコメント。その上で、「レバレッジ比率として定義されている総損失吸収能力はなお改善が必要だ」と付け加えた。

原題:Credit Suisse, UBS on Track to Meet Capital Rules, SNB Says (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE