シンガポールのヘッジファンド、グラティクル・アセット・マネジメント・アジア(GAMA)で退職者が相次いでいる。先月は少なくとも5人が同社を辞めた。事情に詳しい関係者が明らかにした。アダム・レビンソン氏が率いるGAMAの運用資産は48億ドル(約5300億円)。

  長期にわたり運用を担当していたジェラード・グウィー氏やコンプライアンス(法令順守)の責任者を務めたこともあるマシュー・パーソンズ氏らが5月に退社した。元パートナーのトーマス・バーケット氏らも昨年12月以降に退社している。非公開情報だとして関係者が匿名を条件に述べた。

  退社理由は明らかではないが、世界的にヘッジファンド業界は激変期を迎えている。GAMAの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Graticule Hedge Fund Said to Part Ways With at Least 5 Employees(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE