ソニー、暴力や性的な内容をカットした映画を提供-ハリウッドは反発

ソニー・ピクチャーズ・ホーム・エンターテインメントが暴力や性的な内容をカットしたバージョンの映画を提供していることで、ハリウッドで騒ぎが起きている。通常なら航空機内やケーブルテレビで視聴するカット版の映画で利益を得ようとしているとして、映画制作者らが批判している。

  ソニーは先週、映画の劇場版を購入した消費者に対し、カット版を付録として無料で提供すると発表した。カット版は今回新たに編集されたわけではなく、すでに機内やテレビで放映されているもの。「マネーボール」や「ゴーストバスターズ」など24本が対象となる。

  米芸能誌ハリウッド・リポーターによると、映画2本がソニーのリストに入っているアダム・マッケイ監督は、自身の作品が含まれていることを把握していなかったと指摘。知っていたら、これに同意しなかったという。ブルームバーグは取材を試みたがマッケイ氏からコメントを得られていない。俳優のセス・ローゲン氏や映画監督のジャド・アパトー氏も批判している。

  ソニーは14日、反発の声に対応し、監督が反対している場合はカット版の映画の提供を中止すると発表した。

原題:Sony Is Selling Censored Movies, and Hollywood Is Mad as Heck(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE