米ウエスタンデジタル(WD)は14日、東芝と共同運営する半導体合弁事業の持ち分を東芝が他者に譲渡するのを阻止するため、サンフランシスコのカリフォルニア州地裁に差し止め請求を行ったと発表した。仲裁手続きが行われる間、譲渡を禁じるよう地裁に求めている。

  東芝広報担当の平木香織氏は、「訴状を受け取っていないため、コメントを差し控えるが、メモリー事業の売却先が6月後半までに決定し、6月28日までに正式締結する方向で進めている」とコメントした。同社は同日、定時株主総会を開催する予定。また申し立ての裁判所記録は現時点で得られていない。

  WDは東芝の半導体事業が競合他社の手に渡るのを阻止したい考え。合弁事業の持ち分売却を巡り、WDの法的権利などについて両社は対立している。

原題:Western Digital Seeks Injunction to Block Toshiba Chip Sale (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE