イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は14日、トランプ大統領に続投を求められた場合、2期目を務めるかどうかについて明言を避けた。

  イエレン議長はワシントンでの記者会見で、「議長として任期を全うするつもりだ」と述べた上で、「将来の計画について大統領と話し合っていない」と語った。

  イエレン氏の4年の任期は来年2月3日に切れる。

  トランプ大統領は、イエレン氏を再指名するか、あるいは自ら選ぶ人物を指名するか明らかにしていないが、4月のウォールストリート・ジャーナルのインタビューで、イエレン氏に続投させる可能性を排除しない考えを示していた。コーン国家経済会議(NEC)委員長は今月、この問題にトランプ政権はまだ取り組んでいないと語った。

  イエレン議長は別の質問への回答で、空席のFRB理事についてホワイトハウスが「あまり遠くない将来に指名を行い、上院がそれを迅速に取り上げることを強く期待している」と述べた。

原題:Yellen Deflects Question on Whether She Would Stay on at Fed(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE