中国国家発展改革委員会(発改委)は外国自動車メーカーに電気自動車(EV)などエコカーの製造に限るとの条件付きで、中国企業との3社目の合弁設立を認めた。

  補助金政策などもあり、中国は2015年に米国を抜き、世界一の新エネルギー車市場となった。中国自動車工業協会(CAAM)によれば、中国では昨年、EVやプラグインハイブリッド車、燃料電池車といった新エネルギー車が50万7000台売れた。

原題:China Revises EV Credit Points to Reward Longer-Range Models (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE