米ウォルト・ディズニーは、傘下で欧州初かつ唯一のテーマパークであるパリのディズニーランドを運営するユーロディズニー株の上場を廃止する。

  13日の発表によると、ディズニーの現在の持ち株比率は97%余り。今年2月には、サウジアラビアのアルワリード王子の投資ファンドから9%の株式を買い取った。

  フランスの株式市場規則では、ディズニーは残る未保有株式の強制買い取りが可能で、今月19日にユーロディズニーの上場を廃止できる。パリのユーロネクストは13日の通常取引開始前にユーロディズニー株の取引を停止した。ユーロディズニーは近年の欧州経済の低迷によって打撃を受け、2015年に起きたパリのテロ事件や厳しいビジネス環境で同社の財務はさらに悪化した。

  13日のニューヨーク市場で、ディズニーの株価は0.5%安の106.56ドルで終了した。

原題:Disney to Delist Ailing Paris Theme Park in End to Chapter (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE