13日のニューヨーク外国為替市場では、カナダ・ドルが米ドルに対して4営業日続伸。過去2日間で見ると、上昇率は1年で最大となった。カナダ銀行(中央銀行)のポロズ総裁が、利下げは経済をショックから守るという役割を果たしたとの認識を示したことが背景にある。

  ポロズ総裁は13日、CBCラジオに対し、「足元の経済は勢いを強めつつあり、それも特定の分野ではなく幅広い経済でそうした状況と見受けられる」と述べた。前日にはウィルキンス上級副総裁が同様にタカ派寄りの見解を示した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、カナダ・ドルは米ドルに対し前日比0.6%高の1米ドル=1.3242カナダ・ドル。米ドルのカナダ・ドルに対する前日からの下落率は一時1.9%に達した。これは2日間の下落率としては2016年6月6日以来最大。

  ドルは円に対しては前日比0.1%上昇の1ドル=110円07銭。

  カナダ・ドルの上昇は円に対しても顕著だった。両通貨の取引に詳しいアジアとロンドンのトレーダーらは、投資家らは利上げ予想を再修正したと語った。10月にもカナダ中銀が利上げに動くとの予想に変化したことで、大量に積み上がっていたショートポジションを買い戻す動きが加速したという。

  ドル・円相場に関しては、13日期限の大口オプションや16日に期限を迎えるさらに大口のオプションも影響した。米国債利回りの一時上昇や米株式相場の地合い改善が、ドルを対円で支えた。

原題:Canadian Dollar Surges as BOC’s Poloz Adds to Hawkish Language(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE