フランス2位の銀行クレディ・アグリコルは、サウジアラビアで保有するサウジ・フランス銀行の株式31%について、売却対象を当初計画した全てではなく、一部にとどめることを検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして匿名で語った関係者によれば、クレディ・アグリコルは一部売却についてサウジの中央銀行と協議済みで、買い手候補に打診を始めた。将来的に売却規模拡大の検討もあり得るという。

  クレディ・アグリコルはコストの削減と主要市場への注力を通じて成長を図っている。関係者が3月に明らかにしたところによれば、同行は当初、時価総額が現時点で約26億ドル(約2870億円)相当のサウジ・フランス銀の保有株について、全て売却する方針だった。

  関係者の1人によると、JPモルガン・チェースがクレディ・アグリコルに助言している。両行はいずれもコメントを控えた。

原題:Credit Agricole Said to Plan Part Sale of Saudi Fransi Stake (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE