トランプ米大統領はオバマ前大統領が取り組んだキューバとの観光や貿易面での関係改善方針を後退させる計画だ。大統領のアドバイザーらは米国人によるキューバへの渡航に関する新たな規制や、米企業がキューバ軍と関係ある企業との提携を制限する案などを準備している。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  最終的な選択肢はまだトランプ大統領に提示されていないが、大統領が16日にマイアミを訪問する前に決定される見通し。両関係者はいずれもホワイトハウスの部外者で、議論が継続中だとして匿名を条件に明らかにした。

  スパイサー大統領報道官は13日、オバマ前大統領が進めた対キューバ融和策に関するトランプ大統領のプランについて説明を避け、「大統領の日程に関する発表の際に知らせる」と記者団に伝えた。

  トランプ大統領は、オバマ前大統領とキューバとの取引を不公平と批判し、カストロ政権が人権侵害を続けることを許したと指摘している。オバマ前大統領はキューバの米国大使館の業務を再開させ、キューバ渡航制限を緩和、米航空会社への直行便運航を認めた。

原題:Trump Weighing New Limits on Cuba Travel and Military Sanctions(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE