欧州中央銀行(ECB)が、資産購入プログラムの適格対象にギリシャ債を加えることは当面なさそうだ。非公開情報であることを理由に事情に詳しい関係者の1人が匿名を条件に語った。欧州の債権者には、ギリシャ債務見通しの改善につながる融資返済条件の大幅緩和を提示する用意がないことが背景にある。

  ルクセンブルクで15日に開かれるユーロ圏財務相会合(ユーログループ)では、ECBがギリシャ債購入検討の前提条件と主張する債務軽減策が協議される見通し。関係者によれば、合意が見込まれる債務軽減コミットメントの範囲や文言は、ECBの政策委員会にギリシャ債の購入を決意させるには十分でない可能性が高い。

原題:ECB Said to Be Unlikely to Include Greece in QE in Coming Months(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE