今年の夏は、鼻の上にくるバー(ブリッジ)が決め手となるサングラスが、スタイルも豊富に多く出回っている。印象的で人目を引くものが旬のスタイルのようだ。

(左上から時計回りに)ソルト+ノース・セイルズ(580ドル)、レイバン(199ユーロ)、モスコット(300ドル)、トム・フォードから出ているツーブリッジ(525ドル)のサングラス
(左上から時計回りに)ソルト+ノース・セイルズ(580ドル)、レイバン(199ユーロ)、モスコット(300ドル)、トム・フォードから出ているツーブリッジ(525ドル)のサングラス
Source: Vendors

  米ボシュロムは1930年代に、大きくて着け心地の悪いパイロット用ゴーグルに代わる製品をとの米軍の依頼で、有名な「アビエーター」モデルのサングラスを世に送り出した。それから10年以内に、同社はこのサングラスをレイバンの商標で週末のスポーツマン向けに販売した。ダグラス・マッカーサー元米陸軍元帥、また映画「トップガン」で主演男優トム・クルーズが着用した、あのモデルだ。ブロウバーやブリッジが主な特徴になっている最新のモデルは、このアビエーターの派生形といえる。

(左上から時計回りに)グッチ(280ユーロ)、カレラ(159ドル)、ヴュアルネ(320ドル)、ポロ・ラルフ・ローレンの丸フレームのツーブリッジ・サングラス(199ドル)
(左上から時計回りに)グッチ(280ユーロ)、カレラ(159ドル)、ヴュアルネ(320ドル)、ポロ・ラルフ・ローレンの丸フレームのツーブリッジ・サングラス(199ドル)
​​​​​​Source: Vendors

  ニューヨークの眼鏡店モスコットの5代目店主、ザック・モスコット氏は、ファッション界では今、1970年代テイストの服が多く見られるが、それによくマッチするためアビエーター人気が再来したのではないかと話す。

(左上から時計回りに)アクネ・スタジオ(410ドル)、クルー(275ドル)、LGR(330ユーロ)、ギャレット・ライト(495ドル)のサングラス
(左上から時計回りに)アクネ・スタジオ(410ドル)、クルー(275ドル)、LGR(330ユーロ)、ギャレット・ライト(495ドル)のサングラス
Source: Vendors

  フレームの形や素材も多様で、より存在感や遊び心のあるスタイルもある。TPOに合わせて個性的な着こなしを演出してくれそうだ。

(左上から時計回りに)アラン・ミクリ・フォー・オリバーピープルズ(375ドル)、バートン・ペレイラ(565ドル)、ミキタ(519ドル)、ボッテガ・ヴェネタ(540ドル)
(左上から時計回りに)アラン・ミクリ・フォー・オリバーピープルズ(375ドル)、バートン・ペレイラ(565ドル)、ミキタ(519ドル)、ボッテガ・ヴェネタ(540ドル)
Source: Vendors

原題:The Big Trend in Sunglasses This Summer Is Right Above Your Nose(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE