全米30を超える銀行および信用組合が今週から個人間の送金サービス「ゼル」を開始する。長年にわたり、電子決済会社のスクエアからアップルに至る多くの企業が個人間の決済システム構築に取り組んできた。

  銀行が保有するリスク管理会社アーリー・ワーニング・サービシズが12日発表した声明によると、全米約8600万人のモバイルバンキング利用者のアプリ上にゼルのロゴが追加されていく。

原題:Banks Across U.S. Debut Faster Peer-to-Peer Payments With Zelle(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE