イタリアの反ユーロ政党「五つ星運動」は、11日に行われた地方選挙で有権者から厳しい結果を突きつけられた。来年実施が予想される総選挙で同党が政権を奪取する見通しは薄れつつある。

  11日は約1000の地方自治体で首長を選ぶ地方選の第1回投票が行われた。この選挙結果予測によると、元コメディアンのベッペ・グリッロ氏率いる「五つ星」の候補は、ジェノアやパレルモ、パルマ、ベローナなどで低迷、25日に予定される上位2人による決選投票に残れなかったもようだ。

  一方で中道政党が支持を伸ばした。投票率は60%をやや上回る程度。五つ星はイタリアのユーロ離脱を巡り国民投票を実施するよう呼び掛けている。

原題:Italy’s Anti-Euro Five Star Movement Suffers Voting Setback (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE