週末の北米映画興行収入ランキングは、ワーナー・ブラザースの「ワンダーウーマン」が2週連続で首位となり、ユニバーサル・ピクチャーズの「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」は初登場2位にとどまった。

  調査会社コムスコアが11日発表した資料によれば、ザ・マミーの興行収入は推計3220万ドル(約35億5000万円)と、ワンダーウーマンの5720万ドルに届かなかった。ザ・マミーはモンスター映画のリメーク作品でトム・クルーズ主演。

原題:‘Mummy’ Trips After Critics’ Mauling as ‘Wonder Woman’ Leads (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE