フランスの国民議会(下院)選挙の 第1回投票が11日実施され、マクロン大統領率いる「共和国前進」グループが圧倒的な過半数となる見通しだ。

  世論調査会社の予想によれば、同グループの得票率は33%前後と、共和党グループを約13ポイント上回った。エラブによると、定数577の国民議会で「共和国前進」グループは最大445議席を獲得する可能性がある。同グループの予想獲得議席が最も少ないイプソスでも390-430議席の見通し。

  イプソスによれば、共和党グループは85-125議席、社会党グループは20-35議席の見込み。

原題:Macron Set for Majority in Assembly After First-Round Vote (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE