欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ポンドが全面安、予想外の英選挙結果で  

  9日のニューヨーク外国為替市場ではポンドが全面安。英与党・保守党が議席の過半数を維持できないという予想外の総選挙結果が嫌気された。米連邦公開市場委員会(FOMC)の開催を来週に控えて政治に注目が集まった今週、ドル指数は前週末からほぼ変わらずとなった。

  ポンドは主要10通貨全てに対して下落し、ドルに対しては2.5%下げる場面があった。過半数割れという総選挙の結果を受け、メイ英首相率いる保守党は、政権を樹立するため北アイルランドの親ブレグジット政党である民主統一党(DUP)の協力が必要になった。この選挙結果により、開始が10日後に迫った欧州連合(EU)離脱交渉でのメイ首相の立場が弱くなったとの見方も出ている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ポンドは前日比1.6%安の1ポンド=1.2746ドル。ドルは対円で0.3%高の1ドル=110円32銭。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇した。ユーロは対ドルで0.2%下げて1ユーロ=1.1195ドル。

  ドルは円に対し小幅高。「物価安定の目標である2%の達成にはなお距離がある」との黒田日銀総裁の英国での発言を受け、0.7%高の110円81銭を付ける場面があった。黒田総裁はさらに、為替の動きを注視しており、いずれの方向にも大きく変動する場合は懸念となり得ると話した。

  ポンド以外の通貨が薄商いとなる中、ドルは大半の通貨に対して上昇したが、カナダ・ドルに対しては0.3%下げた。カナダ・ドルは、同国5月の雇用統計が市場予想より強い内容だったことを受けて上昇した。

  ユーロは序盤、対ドルで月初来最低の1.1166ドルをつけたが、間もなく1.1200ドル台を回復した。欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁はこの日、「ユーロ相場がさらに上昇すると仮定すればインフレ率がさらに低くなるリスクがある」と述べ、前日のドラギECB総裁と同様、慎重な見方を示した。  
原題:Dollar Unchanged on Week as Pound Drops After Election Surprise(抜粋)

◎米国株:テクノロジー株下落、アップルやエヌビディア安い

  9日の米国株式市場ではテクノロジー株が売りを浴びた。アップルやエヌビディアはいずれも大幅安。ゴールドマン・サックス・グループの指摘が嫌気された。

  S&P500種株価指数は0.1%下げて2431.77。ダウ工業株30種平均は89.44ドル(0.4%)上昇して21271.97ドル。ナスダック総合指数は1.8%下げた。

  ゴールドマンのロバート・ボロエルディ氏はフェイスブックやアマゾン・ドット・コム、アップル、マイクロソフト、アルファベットのボラティリティーの低さによって、循環や規制といったリスク要因が見えなくなっている可能性があると指摘した。

  ナスダック100指数は2.4%安。フィラデルフィア半導体指数、ラッセル2000テクノロジー指数はいずれも下げた。S&P500種の業種別11指数のうち テクノロジー株は 2.7%下落。構成銘柄のうち4社を除き全て値下がりした。

  一方、エネルギー株は2.5%上昇。ニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物7月限は前日比0.42%高い1バレル=45.83ドルで終了した。

  シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)は10.7に上昇した。

  来週は米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれ、市場では利上げが予想されている。イングランド銀行や日本銀行、スイス国立銀行も政策決定会合を予定しており、投資家の関心が高い。
原題:Tech Selloff Wrecks Record Day for U.S. Stocks: Markets Wrap(抜粋)
MARKET WRAP: Tech Rout Erases S&P 500 Gain; Energy Shares Jump(抜粋)
Megacap Tech Stumbling to Worst Day Versus Dow in Seven Months(抜粋)

◎米国債:下げ縮小-午後にテクノロジー中心に株価が下落

  9日の米国債相場は下落。株式相場が朝方上げて始まったことで、国債は軟調な展開となった。だだ午後にナスダック総合指数が大きく下げると、国債は長期債を中心に下げの一部を埋めた。

  午前中の下げは債券先物のブロックトレード(大口の相対取引)が主に影響したほか、銀行銘柄を中心とした株価上昇も重しとなった。

  ニューヨーク時間午後4時59分現在、10年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.20%。30年債利回りは1bp上げて2.86%。

  米株式市場ではナスダック総合指数が1.8%安、ナスダック100指数は2.4%下げた。

  英総選挙や欧州中央銀行(ECB)政策会合、コミー前連邦捜査局(FBI)長官の議会証言といったリスクイベントが終了したことで、米国債に対する逃避需要は引き続き後退。市場は来週の国債入札や連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定に目を向けている。
原題:USTs Pare Losses After Late Tech Stock Slide Weighs on Equities(抜粋)
原題:Treasuries Remain Near Lows as Banks Lead Stocks Higher(抜粋)
原題:USTs Pressured as Investors Shed Duration Before Auctions, FOMC(抜粋)

◎NY金:続落、米金利見通しに注目-英選挙受けポンド建て上昇

  9日のニューヨーク金先物相場は続落。週間ベースでは約1カ月ぶりの下落。英総選挙で与党・保守党が過半数を獲得できなかったことを受け、ポンド建ての金は一時2.2%上昇した。英国以外では、来週の米利上げ見通しに市場は再び注目している。

  RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニア市場ストラテジスト、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「金のロングが解消されているようだ。一段と下落しやすいように見受けられる」と指摘。「金はこれまでとても素晴らしい取引で、楽観がかなり強かったが、1300ドルを突破できなかった。今は金利に注目が集まっており、債券利回りは上昇している」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日比0.6%安の1オンス=1271.40ドルで終了。一時は1%下落する場面もあった。

  銀先物も値下がり。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のパラジウムは一時2014年以来の高値をつけたほか、プラチナも上昇した。
原題:Gold Rally Limited to U.K. as Impact of Political Turmoil Muted(抜粋)

◎NY原油:週間で3週連続安、米国やナイジェリアで生産拡大

  9日のニューヨーク原油先物市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は週間ベースで3週連続安。米国やナイジェリア、リビアで生産が拡大しており、石油輸出国機構(OPEC)主導の減産が容易には供給過剰の解消につながらないことが示唆された。

  USバンク・ウェルス・マネジメントの投資担当シニアストラテジスト、ロブ・ヘイワース氏(シアトル在勤)は「通常の状態に早急に戻り、価格が強く上昇すると投機筋は望んでいると思う。問題は需給要因があまり早急には呼応していないことだ。需要がもっと速く拡大し、供給が早急にはけるとの期待が強かったが、実際にはそうなっていない」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比19セント(0.42%)高い1バレル=45.83ドルで終了。週間では3.8%下げた。ロンドンICEの北海ブレント8月限は前日比29セント上げて48.15ドル。
原題:Crude Falls for Third Week as Glut Persists After OPEC Cuts(抜粋)

◎欧州株:ストックス600が上昇-ポンド安が英FTSE100を押し上げ

  9日の欧州株式相場は上昇。英総選挙ではいずれの政党も過半数を得られず、欧州連合(EU)離脱に向けた英国のアプローチに影響が及ぶ可能性が生じた。これでポンドが売られ、英輸出株に買いが入った。

  指標のストックス欧州600指数は前日比0.3%高の390.39で終了。週間ベースでは0.6%下げた。英FTSE100指数は1%上昇。構成銘柄の大半は国外売上高の比率が高いため、ポンド安が追い風となる。

  一方、英国の建設株と不動産株はポンド安で大きく下げた。国内市場により軸足を置く銘柄を主体とした英FTSE250指数は0.1%高。一時は1%安まで売り込まれた。

  RMGウェルス・マネジメント(ロンドン)のスチュアート・リチャードソン最高投資責任者(CIO)は、「外貨へのエクスポージャーでFTSE100構成銘柄は守られているが、FTSE250はその緩衝材がはるかに小さい。この日だけでなく、今後数週間のパフォーマンスにもそれが反映されるだろう」と語った。
原題:European Stocks Rise After U.K. Vote as Pound Boosts FTSE 100(抜粋)

◎欧州債:ドイツ国債先物が下落、軟調な米国債に追随-英国債は上昇

  9日の欧州債市場ではドイツ国債先物が下落。欧州のイベントリスクが通過したことに加え、来週の入札と連邦公開市場委員会(FOMC)を前にブロック取引で下げた米国債に追随した。

  英10年債利回りは約1bp低下。予想外の総選挙結果でもみ合う展開となった。政治リスクが高まるなど国債の上げ材料もあったが、EU離脱交渉がよりソフト路線となり通貨安がインフレを押し上げるとの見通しで打ち消された様子。

  イタリア国債は続伸。ハト派的なECBの見通しと選挙リスクの後退などを背景に10年債利回りは8bp低下し、過去2営業日の下げ幅は20bpとなった。
原題:Treasuries Weigh on EGBs Into Close; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE