メイ英首相は8日の総選挙で過半数を失った後の新政権で、重要5閣僚を留任させた。5閣僚はハモンド財務相、ラッド内相、 ジョンソン外相、 デービスEU離脱担当相、ファロン国防相。

  メイ首相はこれに先立ちメディアとのインタビューで「議席を失った保守党議員らに申し訳ない。もちろん、この事態に真摯に向き合う」と語っていた。その1時間後に首相府が電子メールで閣僚名簿を公表した。

  選挙で過半数を失ったことを受けて保守党内でも退陣を求める声が出たが、首相は得票数の集計が完了する前から北アイルランドの親ブレグジット政党である民主統一党(DUP)との連携に動き、政権樹立についてエリザベス女王の許可を得た。組閣を進める中で今のところ首相の政権維持を阻む組織的な動きはないと有力議員が述べている。

原題:May Apologizes to Fellow Tories as She Tries to Keep Team Intact(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE