8日のニューヨーク外国為替市場ではユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)が政策金利の据え置きと金融政策の現状維持を発表する一方、2019年までのインフレ見通しを下方修正した。英総選挙の投票結果を待つ展開の中、ポンドは投票締め切り前に対ドルでほぼ変わらずで推移した。

  ユーロは一時、ドルに対して1.1200ドルを割り込み月初来安値を付けた。ECBはユーロ圏のインフレ率につき、19年の予想値を1.6%と3月時点予想の1.7%から引き下げた。市場関係者の目先の関心は、英総選挙の結果に移っている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ユーロ指数は前日比0.4%低下。ユーロはドルに対し0.4%安の1.1214ドルとなった。ドルは対円で0.2%上げて1ドル=110円10銭。日中は110円38銭を付ける場面もあった。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇した。ポンドは対ドルで0.1%未満下げて1ポンド=1.2956ドル。

  ポンドはドルに対し1.2908ドルの安値をつけた後にやや持ち直した。取引時間中の最新の世論調査は、与党・保守党が労働党を抑えて勝利する見通しを示した。

  米国時間の午前中、連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー前長官の議会証言が市場の関心を集めたが、相場には目立った影響を及ぼさなかった。この日の米経済指標では、労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整後)が前週比1万件減の24万5000件と、市場予想を上回った。

原題:Euro Drops After ECB Meeting; Focus Shifts to U.K. Election(抜粋)
原題:U.S. Stocks Little Changed on Comey, Euro Weakens: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE