元同僚がニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で旅客機に乗り込もうとしていたところを逮捕された一方、HSBCホールディングスの元欧州為替トレーディング責任者のスチュアート・スコット氏はロンドン郊外の自宅で自由な生活を続けていた。

  だが今月5日、それが突然の終わりを迎えた。米政府の要請を受けた英当局がスコット氏の身柄を拘束したと、米検察が7日遅くにニューヨーク・ブルックリンの判事に提出した書簡で明らかにした。

  米検察は昨年以来、外国為替市場の不正を巡る米国での裁判にかけるため、スコット氏の引き渡しを働き掛けてきた。同氏はすでに逮捕されたHSBCの元外国為替キャッシュトレーディング担当グローバル責任者マーク・ジョンソン氏とともに、顧客取引の内部情報を使ってポンド相場を操作し、HSBCに800万ドル(約8億7000万円)の利益をもたらしたとされる。

  ジョンソン氏は裁判で無罪を主張、現在は保釈中。スコット氏は7月31日に出廷する予定だが、検察はどの裁判所に出廷するかや同氏が米国への引き渡しに異議を申し立てる意向があるかは明らかにしなかった。

原題:Ex-HSBC Banker Scott Arrested in U.K. in American Currency Case(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE