米ネットフリックスがヒット作だと呼んでいた独自制作番組の「ゲットダウン」と「センス8」が放映開始から間もなく立て続けに打ち切りになったことは、米国の映画・テレビ業界にとって意外な出来事だった。

  どのテレビ局にも番組の打ち切りは付き物で、ネットフリックスも例外ではない。だがネットフリックスは広告収入に頼らないため、番組の運命が週間視聴率に左右されることはない。「ネットフリックスの素晴らしい点の一つは、視聴率を公開する必要がないことだ」と、同社のリード・ヘイスティングス最高経営責任者(CEO)はCNBCとのインタビューで述べた。

  これは、ネットフリックスと月額最大で11.99ドル(約1300円)を払っている1億人の契約者にとっては喜ばしい事実だ。同社は今年60億ドル超を番組制作に費やし、その大半を約1000時間に及ぶ独自番組の制作に充てることを計画している。視聴率を気にせず時間をかけてファンを増やせるおかげで、例えば人気ドラマの「ハウス・オブ・カード」は5シーズン目に突入した。

  だがこのことはライバル企業にとっても、ネットフリックスから十分な報酬を得ているかを手探りするしかない番組制作会社にとってもありがたいことではない。21世紀フォックスの有料テレビ局「FX」のジョン・ランドグラフCEOは、ネットフリックスに検証可能な視聴データがないことをことあるごとに批判してきた。

  視聴率を心配しなくていいのはネットフリックスだけではない。有料契約料金を番組制作費用に充てているタイム・ワーナー傘下のHBOは昨年、20億ドルの利益を出した。 動画ストリーミングで頭角を現している米アマゾン・ドット・コムは映画・テレビ番組制作に年間約45億ドルを費やしていると、JPモルガン・チェースは試算する。

  ネットフリックスはこれまで、コストに見合うだけの視聴者を引き付けられないときに番組は打ち切られると説明していた。

  ここ数年、ほぼ収支均衡が続いているネットフリックスは、2017年にはきちんと黒字を確保するとの見通しを示している。1-3月(第1四半期)利益は実際、4倍余り膨らんだ。ただキャッシュフローは赤字のままで、制作費用に充てる借り入れも続けている。同社は今後、思わしくない番組はこれまで以上に早いタイミングで打ち切ることになるかもしれない。

原題:Netflix Shows Are All Worldwide Hits -- Until They’re Not(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE