北朝鮮が短距離ミサイル数発試射、巡航ミサイルか-韓国軍

更新日時
  • 今年10回目のミサイル試射、金正恩委員長による新たな挑発
  • 金委員長は空軍に米空母への爆撃に備えるよう命じていた-新華社

北朝鮮は8日午前、複数の短距離ミサイルを発射した。地対艦ミサイルとみられており、金正恩朝鮮労働党委員長による新たな挑発となった。

  韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が元山から試射したのは恐らく巡航ミサイルだと発表した。約200キロメートル飛行したと推定。共同通信によれば、日本の排他的経済水域(EEZ)の外に落下した。

  中国国営新華社通信によると、北朝鮮の今年10回目となるミサイル試射は、金委員長が空軍に対し、西太平洋に集結しつつある米空母への爆撃に備えるよう命じた後に実施された。米海軍は6日、通常配備の一環としてサンディエゴの空母「ニミッツ」を「ロナルド・レーガン」、「カール・ビンソン」と合流させると発表した。

原題:North Korea Tests Short-Range Missiles, South Korea Says (1)(抜粋)

(ミサイルに関する新たな情報などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE