7日のニューヨーク外国為替市場ではユーロがもみ合った末、前日比で小幅安となった。欧州中央銀行(ECB)のインフレ見通しに関する報道を受けて日中安値を付けたが、徐々に下げを埋める展開になった。ただ、8日に米議会で予定されるコミー前米連邦捜査局(FBI)長官の冒頭陳述の原稿が公表された後にドルが買い直された。

  ブルームバーグはこの日、ECBが8日の政策決定後に公表する最新の経済予測でインフレ率を下方修正する準備をしていると、ユーロ圏当局者の話として報じた。これを受けてユーロは一時0.7%安となり日中安値を付けた。一方、コミー前FBI長官証言の原稿には、これまでに報道された以外の情報はほとんどなかった。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロはドルに対し前日比0.2%安の1.1257ドル。ドルは対円で0.4%上げて1ドル=109円82銭。主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.1%上げ、小幅ながら6月1日以来初の上昇となった。ロンドンのトレーダーらによると、ユーロ以外の通貨は概して薄商いだった。

  ドルは対円で反発し、109円台後半を回復した。米10年債利回りが2.18%を突破し日中最高水準に達したことがドル支援材料になった。

  ECB会合とコミー氏の議会証言に加え、8日には英総選挙というリスクイベントも控えている。ただ、投票締め切りは現地時間午後10時(米東部時間午後5時)のため、米国時間の為替取引にはほとんど影響しない公算が大きい。

原題:Euro Rebounds After Drop on Report ECB May Tweak Inflation View(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE