イランの首都テヘランで7日発生した襲撃事件について、トランプ米大統領の発言は「不快」だとイラン側が非難した。

Police secure the area near Iran’s parliament in Tehran, June 7.
Police secure the area near Iran’s parliament in Tehran, June 7.
Photographer: Fatemeh Bahrami/Anadolu Agency/Getty Images

  トランプ大統領は同日、イラン国民に哀悼の意を表した声明の最後に「テロを支援する国家は自らが奨励している悪の犠牲になるリスクがある」と警鐘を鳴らした。イランのザリフ外相は8日ツイッターで、ホワイトハウスの声明は「不快だ」とし、「イラン国民はそのような米国の見せかけの友情を拒否する」と言明した。

  テヘランでの事件については過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出している。トランプ大統領は先月サウジアラビアを訪れた際、イランおよび「イスラム国のような過激派組織」に対する結束を呼び掛けていた。

原題:Iran Calls Trump’s Remarks on Tehran Attacks ‘Repugnant’(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE