債券相場は大幅安。日本銀行が異次元緩和の出口をめぐる議論で「時期尚早」としていた姿勢から市場との対話重視の方向に修正しつつあるとの報道を受けて売りが活発化した。

  8日の現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の347回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値から1ベーシスポイント(bp)高い0.05%で取引を開始。午後には一時0.075%と、3月17日以来の水準まで上昇した。

  野村証券の中島武信クオンツ・アナリストは、「5年債入札の結果が良かったので相場が持ちこたえる局面もあったが、きのうの短国6カ月物入札をきっかけとした短い方から崩れていく流れに戻っている」と指摘。「日銀の出口に関する報道に海外勢が反応し、あらためて売りが出る展開になった」と言う。

日銀の出口論に関する記事はこちらをクリックしてください。

  長期国債先物市場で中心限月6月物は前日比13銭安の150円62銭で取引を開始。5年債入札の結果を受けて、150円70銭まで下げ幅を縮める場面もあったが、日銀関連の報道を受けて売りが活発化し、一時は45銭安の150円30銭まで下げた。結局は28銭安の150円47銭で引けた。

5年債入札  

  財務省がこの日に実施した5年利付国債入札の結果は、最低落札価格が100円82銭と、市場予想の100円79銭を上回った。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は4.71倍と、前回の3.59倍から上昇。小さければ好調を示すテール(最低と平均落札価格の差)は1銭に縮小した。

過去の5年債入札の結果はこちらをご覧ください。

  パインブリッジ・インベストメンツ債券運用部の松川忠部長は、5年債入札の結果について、「事前に売り込まれたので、絶好の買いのタイミングだったようだ」と説明。「あすの日銀オペで増額の期待感もあり、金利上昇は落ち着くのではないか」とみる。

  この日の新発2年物377回債利回りは一時3bp高いマイナス0.09%まで上昇。日本相互証券によると、新発債としては昨年2月以来の高水準を付けた。その後はマイナス0.105%まで買い戻されている。5年物の131回債利回りは一時2bp高いマイナス0.075%と2月以来の水準まで売られた後、マイナス0.085%で推移している。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE