スペイン最大の銀行であるサンタンデール銀行は、経営難に陥っている同国のポプラール・エスパニョール銀行に買収提案を行う可能性に備えて、50億ユーロ(約6170億円)を上回る増資を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったところでは、サンタンデール銀は、ポプラール・エスパニョールへの買収提案を進めると決まった場合を想定し、新株発行引き受けのコミットメントについてアドバイザーと協議している。ポプラールの吸収合併で損なわれる危険のある資本の増強が目的で、調達額を増やすこともあり得るという。

  関係者によれば、買収提案や資金調達手段に関する最終決定は行われておらず、新株発行の実施は、提案が決まった場合に限られる。サンタンデール銀の担当者は、コメントを控えている。

原題:Santander Said to Weigh Stock Sale on Possible Popular Bid (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE