1-3月期の実質国内総生産(GDP、改定値)は、速報値から下方修正された。在庫の寄与度が引き下げられたことが主因。モノやサービスを含む海外との総合的な取引を示す経常収支は4月速報で34カ月連続の黒字となった。

キーポイント

  • 1-3月期GDPは前期比0.3%増と速報値(0.5%増)から下方修正(ブルームバーグ調査の予想中央値は0.6%増)
  • 年率換算は1.0%増と速報値(2.2%増)から下方修正(予想は2.4%増)
  • GDP全体の約6割を占める個人消費は0.3%増と速報値(0.4%増)から下方修正(予想は0.4%増)
  • 設備投資は0.6%増と速報値(0.2%増)から上方修正(予想は0.5%増)
  • 在庫の寄与度は速報値のプラス0.1ポイントからマイナス0.1ポイントに下方修正
  • 経常収支は前年同月比7.5%増の1兆9519億円の黒字(ブルームバーグ調査の予想中央値は1兆6988億円の黒字)
  • 輸出から輸入を差し引いた貿易収支は5536億円の黒字(予想は4940億円の黒字)

背景

  財務省が1日発表した法人企業統計によると、1-3月期の全産業(金融・保険を除く)の設備投資は、前年同期比4.5%増と2期連続のプラス、GDP改定値に反映されるソフトウエアを除く設備投資は同5.2%増だった。  

  政府は5月の月例経済報告で、景気は「一部に改善の遅れもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」との判断を据え置いた。「持ち直しの動きがみられる」とした設備投資の基調判断も維持した。

エコノミストの見方

  • 東海東京調査センターの武藤弘明チーフエコノミストは電話取材で、修正幅の大きさはサプライズだとしつつ、内容に「そんなに違和感はない」と述べた。設備投資は上方修正されており、在庫の下方修正は「必ずしも悪い絵ではない」という。
  • バークレイズ証券の永井祐一郎エコノミストはリポートで、下方修正の主因は民間在庫投資の下振れとした上で、「足下までの景気判断に変更を迫るものではない」という見方を示した。4-6月期の見通しについては、4月の経済指標は民間消費や設備投資が好調なため、「2パーセント程度の高成長が期待できる」とみている。
  • 農林中金総合研究所の南武志主席研究員はリポートで「景気の足腰が弱いことが露呈したわけではない」と分析した。最近の主要経済指標は改善傾向にあり、「持ち直しの基調そのものは維持されているとみられ、先々の景気回復継続というシナリオを修正する必要はないだろう」としている。

詳細

  • GDP下方修正は原材料在庫が影響。大手業者の定期修理に伴う在庫量圧縮に加え、原油価格上昇により需要が中長期的に下落ー内閣府
  • 貿易収支は中国向け自動車部品が輸出増、原油価格上昇が輸入増に寄与-財務省
  • 旅行収支は単月として過去最高の1779億円の黒字、訪日客数も単月として過去最高-財務省
  • 海外子会社からの配当金増で直接投資収益は黒字幅拡大-財務省
最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE