6日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続落。一連のリスクイベントを週後半に控えて円が大きく買われた。中国は米国債を買い増す用意があるとの報道を手掛かりに米国債利回りが低下したことも、ドル下落の背景となった。

  8日は英総選挙、欧州中央銀行(ECB)の政策会合、コミー前連邦捜査局(FBI)長官の議会証言といった注目度の高いイベントが集中し、11日にはフランスの国民議会(下院)選挙の第1回投票も行われる。それまではめぼしいイベントがないため、前日に続き売買高は少なめだった。投資家はポンドの買い持ちを縮小して円を買っている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%低下し、昨年10月初め以来の低水準。ドルは対円で0.9%下げて1ドル=109円41銭、対ユーロで0.2%安の1ユーロ=1.1277ドル、対ポンドでは0.1%安の1.2911ドルとなった。

  ドルは対円で、アジア時間からの下げ幅を広げる展開となった。ソシエテ・ジェネラルのキット・ジャックス氏は、ドル円相場と米国債利回りの間には引き続き「あきれるほど強い」相関性があると指摘した。米10年債利回りはこの日、2.1278%まで下げる場面があった。

  一方、ポンドは週末のテロ事件を受けた英政治見通しの不透明感を反映し、一時はドルに対し1ポンド=1.2872ドルまで下げたが、その後下げ幅を解消し、前日比で小幅高となった。

  ラボバンクの通貨ストラテジスト、ピョートル・マティス氏(ロンドン在勤)は顧客向けリポートで、「この日は目立ったイベントは予定されていなかった。その分『スーパー木曜日』に注目が集まる」と述べ、「8日と9日に予想されるボラティリティーの高い取引に備えている。少なくとも一連の大型イベントのうち1件は市場を大きく動かす材料になるだろう」と続けた。

原題:Dollar Lowest Since October as Yen Rallies Before Thursday Risks(抜粋)
原題:U.S. Stocks Fall With Dollar as Treasuries Rise: Markets Wrap(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE