国土交通省が不動産の取引価格などについてホームページで公表している「土地総合情報システム」に第三者による不正アクセスがあり、一部取引情報が流出した可能性があることが分かった。国交省が6日発表した。

  国交省によると、不正アクセスを受けたのは「不動産取引価格アンケート回答」サイト。4月7日から6月2日までに同サイトで作成された回答情報から氏名や取引価格など最大4335件の情報が流出した可能性がある。また、登記所でも入手可能な所有権移転登記情報も最大19万4834件流出した可能性があるという。同サイトの電子回答システムは2日から緊急停止している。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE