デザイナーのエリオット・マーチ氏とジェームズ・ホワイト氏には、部屋を英国紳士が過ごす会員制クラブのような隠れ家にするための秘策を熟知している。まず部屋を複数のプライベートなスペースに区切った後、部屋の至るところで金属や皮といった素材を少しずつ使い、柔らかくても丈夫な家具を配置するということだ。

エリオット・マーチ氏(左)とジェームズ・ホワイト氏
エリオット・マーチ氏(左)とジェームズ・ホワイト氏
Source: Leon Chew

  両氏の会社マーチ&ホワイトは、ロンドンの会員制クラブ「デボンシャー・クラブ」と「ザ・クラブ・アット・カフェ・ロイヤル」や、複数のプライベートヨットや住宅プロジェクトの内装をデザインしたことで名声を確立した。

  両氏は米国のニューヨーク市とロサンゼルスにあるオフィス2物件を手掛けることになった。われわれはデボンシャーやカフェ・ロイヤルのデザインを住宅に取り入れる方法について両氏に意見を聞いてみた。

植物によって室内に屋外の雰囲気を取り入れる

デボンシャークラブのガーデンルーム
デボンシャークラブのガーデンルーム
Source: Leon Chew

  デボンシャーの「ガーデンルーム」は、クラブのルーツに忠実であり続けながら室内に自然を取り入れた格好の例だ。「英国庭園の雰囲気を室内に持ち込みたかった」とホワイト氏は話す。

本棚や間仕切りを使う

デボンシャー・クラブのライブラリーバー
デボンシャー・クラブのライブラリーバー
Source: Leon Chew

  「一般的にクラブについて考える時、プライバシーやプライベートなスペースについて考える」とホワイト氏は語る。「これを自宅に取り入れる場合は、本棚を間仕切りとして使うと良い。特にコンソールの後ろに置くと仕切り感が増す」とホワイト氏は言う。

皮や金属といった素材をセンス良く使う

マーチ&ホワイトのバースツール
マーチ&ホワイトのバースツール
Source: Leon Chew

  皮と金属はロンドンの会員制クラブを特徴付ける素材だ。これらの素材は、最初のクラブがオープンした100-150年前とほぼ同じ雰囲気を醸し出している。

魅力的なラウンジスペースを作る

カフェ・ロイヤルのライブラリーバー
カフェ・ロイヤルのライブラリーバー
Source: Leon Chew

  カフェ・ロイヤルの「ライブラリーバー」はロンドンのソーホー地区にあり、プライベートな雰囲気で飲める場所だ。豪華な大理石製のバーカウンターも備えている。「自宅に幾らかこの雰囲気を取り入れることができる。特にキッチンはパーティスペースのようになるだろう」とホワイト氏は話す。

原題:How to Give Your Home the Feel of a Posh London Social Club(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE