アップルは5日開幕した年次開発者会議で、デスクトップ型パソコン(PC)「iMac(アイマック)」について、専門的ユーザー向けのより高性能の新製品など、製品ラインの大半を刷新したと発表した。

  アップルによると、アイマック新製品はディスプレーがより明るくなったほか、処理速度がより速いインテルのコアプロセッサー「ケイビーレイク」を搭載。仮想現実(VR)アプリケーション向け画像処理能力もアップした。

  また、ノートPC「MacBook(マックブック)」12インチ型、「MacBook Pro(マックブック・プロ)」の13インチ型と15インチ型にもケイビーレイクが装備されて性能が高まり、電池寿命が改善された。価格は1299-2399ドル(約14万3000-26万4000円)だという。13インチ型「MacBook Air(マックブック・エア)」もより速いプロセッサーを搭載している。

  調査会社IDCによると、アップルが4位を占めるPC市場の1-3月(第1四半期)の伸び率は前年同期比1%未満にとどまった。アップルのマック製品は昨年の売上高が減少。多くの消費者に歓迎される一方で、最近のマックブック・プロは長年のマック愛好家やクリエイティブ分野の専門家の一部からニーズをやや満たしていないとして批判されている。

原題:Apple Makes Mac Computers Faster, Targets Professional Users(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE