米検察当局との司法取引で貴金属先物操作のために共謀したことを認めた元トレーダーが、ドイツ銀行在勤中にこれらの違法行為に関わっていたと事情に詳しい関係者の1人が明らかにした。

  デービッド・リュー被告はシカゴの米連邦地裁で1日、「スプーフィング」と呼ばれる違法なトレーディング手法を用いて金と銀、プラチナ、パラジウムの取引を行い、詐欺を働いた罪を認める有罪答弁を行った。約定を意図しない見せ玉を注文するスプーフィングのほか、顧客の注文を先取りして利益を得る「フロントランニング」に関与したことも認めた。

  裁判所の文書によれば、スプーフィングの手法を同僚から学んだと主張するリュー被告は、スプーフィングに自分1人で関わったほか、その調整を何百回となく行うためにドイツ銀の少なくとも3人のトレーダーと共謀した。司法取引では、リュー被告の雇用主は「銀行A」と記載されていたが、事情に詳しい関係者がドイツ銀行だと確認した。被告は検察当局に現在協力しており、同行とそのトレーダーにとって厄介な問題が増えることを意味する可能性がある。

  リュー被告の代理人であるニール・マクブライド弁護士と、ドイツ銀の広報担当トロイ・グラビット氏は、いずれもコメントを控えている。

原題:Ex-Trader Linked to Deutsche Bank Is Aiding U.S. Spoof Probe (2)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE