5日のニューヨーク外国為替市場ではドルが続落。メキシコの州知事選で与党候補が勝利したことを受けてメキシコ・ペソが大きく買われ、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数が低下した。米ドルはオーストラリア・ドルやポンドに対する下げも目立った。

  聖霊降臨節の月曜日の祝日でいくつかの欧州市場が休場だったこともあり、薄商いとなった。5月の雇用統計が軟調だったことを受けて7月以降の米金融政策見通しが不透明となり、この日もドルを圧迫した。ただ、ユーロに対しては小幅に上昇した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドル・スポット指数は前週末比0.2%低下。ドルはペソに対して1.8%下げた。ドルは対円で0.1%上げて1ドル=110円45銭、対ユーロでは0.2%高の1ユーロ=1.1254ドル。

  メキシコの統一地方選挙で注目されたメキシコ州の知事選は、与党・制度的革命党(PRI)のデルマソ氏が当選した。ペソは一時、ドルに対して1.9%上昇し、米大統領選翌日の昨年11月9日以来の高値を付けた。

  ポンドはドルに対し一時1.2941ドルまで上昇し、週末のロンドンでのテロ事件を受けた下げを全て取り戻した。ただ、8日の総選挙がどっちつかずの結果に終われば、今月始まる欧州連合(EU)離脱交渉での英国の立場が不利になるかもしれないとの懸念が残っている。TD証券は、明確な選挙結果が出ることがポンドにとって最大の支援材料になるとの見方を示した。

原題:Dollar Losses Versus Pound, Mexico Peso Outweigh Gains Elsewhere(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE