トランプ米大統領は5日、米航空管制システムの管理を非営利法人に移管する案を明らかにした。大統領は現在のシステムについて時代遅れでまともに機能しておらず、資金の無駄遣いだと批判した。

  インフラ計画推進の一環である同案は、コスト削減と管制システムの効率性向上が目的。トランプ大統領が議会に提示したこの案は、約1万5000人の管制官ならびに数千人の管理職や技術者を新たな政府認可法人に移管する内容。

  大統領は政府の管轄である連邦航空局(FAA)を露骨な言葉で批判。技術面で数十億ドルを無駄にしたとしたほか、根拠は示さずに、FAAが何十年も前の設備を使用していると主張した。

  トランプ氏は管制システムの近代化に向けたこれまでの取り組みについて「彼らには自分たちのやっていることが分かっていなかった」とし、「全くの資金の無駄使いだ」と述べた。

原題:Trump Backs Air-Traffic Control Spinoff to Fix ‘Broken’ System(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE