ユーロ圏の製造業とサービス業を合わせた5 月の経済活動は約6年ぶりのハイペースで拡大を続けた。域内の経済大 国であるドイツとフランスが成長を後押しした。

IHSマークイットが5日発表した5月のユーロ圏総合購買担当者 指数(PMI)改定値は56.8と、5月23日公表の速報値から変わらず で、前月と同水準となった。サービス業PMIは小幅に下方修正された ものの、1日公表された製造業PMIは速報値と一致していた。

IHSマークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソ ン氏は発表文で、「PMI改定値でユーロ圏経済が力強い4-6月(第 2四半期)を満喫している証拠がいっそう増えた」と指摘。PMIは4 -6月の域内総生産(GDP)成長率が0.7%になることを示唆してお り、「従ってユーロ圏経済の見通しは上振れに傾いている様子」だと付 け加えた。

ドイツの景気拡大は製造業が主導した一方、フランスの経済成長は サービス業がけん引した。

原題:Germany and France Keep Euro-Area Growth Pace at Six-Year High(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE