トランプ米大統領は4日、英ロンドン中心部のテロ事件に関するロンドン市長のコメントをツイッターで批判するとともに、イスラム諸国の一部からの入国禁止をあらためて主張した。

  トランプ大統領は4日朝のツイッター投稿で、「テロ事件で少なくとも7人が死亡、48人が負傷したが、ロンドン市長は『恐れる理由はない』と言っている」と批判。またトランプ大統領はテロ発生後間もなく、まだテロと確認される前の段階で、「特別な安全水準としてわれわれには入国禁止が必要だ」と訴えた。

  別のツイートで大統領は、「銃規制の議論がいま起きていないことに気付いているだろうか。それは彼らがナイフとトラックを用いたためだ」と指摘。大統領がこのコメントで英国の厳しい銃規制がテロ阻止につながっていないと主張しているのかどうかははっきりしない。

原題:Trump Uses London Attack to Criticize Mayor, Promote Ban (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE