2017年型ホンダ「アキュラNSX」は発売から1年がたったが、実際に見たことがない人もいるかもしれない。この車は生産が延期されて注目が薄れた上に、アキュラの多くの従来モデルの忘れられがちなイメージも連想されるため、世間に与える印象が弱い。

  これは実に残念な話だ。なぜなら20万4600ドル(約2260万円)のNSXに試乗してみると、「アウディR8」や「メルセデスAMG GT」、さらには「マクラーレン 570S」と同等の高い評価を得る価値が十分過ぎるくらいあると言えるからだ。

アキュラNSXの正面
アキュラNSXの正面
Photographer: Cesar Soto

  この車が近年歩んだ苦難の道のりを短くまとめてみよう。ホンダが評価の高い第1世代NSXの後継モデルを生産する計画を最初に発表したのは2007年。しかし、景気悪化を受けて08年に生産を断念した。

  その後、同社は11年にNSXの第2世代コンセプトカーの開発を開始。12年までにデトロイト自動車ショーでコンセプトカーを披露したが、同じショーで量産モデルを発表するのにさらに3年の月日を要した。新型NSXがようやく発売されたのは昨年のこと。最初にうわさが流れてから10年近く経っていた。

アキュラNSXの内装
アキュラNSXの内装
Photographer: Cesar Soto

  17年型NSXはミシェル・クリステンセン氏が外観をデザインし、米オハイオ州で生産されているが、計算されたアングルやアグレッシブさが抑えられているという点で、1990年に日本で生まれたオリジナルのNSXと同じスタイルに従っている。

  NSXの外観やドライビング感を説明するのに、「アグレッシブ」や「荒削り」といった言葉では表現できないし、「エレガント」や「曲線が美しい」 といった言葉もふさわしくない。NSXはこうした極端な評価尺度の中間に位置する。ダンサーのようなバランスと侍の身のこなしを兼ね備えた中性的なクーペ、とでも言えばいいだろうか。

  NSXの加速のスピードおよびステアリングとブレーキの反応の速さは、アウディR8やマクラーレン570Sに十分匹敵する。こうした精密さは退屈どころかわくわくしてくる。NSXを30分間運転してみるといい。戻って来て楽しくなかったとは絶対に言えないはずだ。

原題:The Elite $156,000 Supercar No One Is Talking About(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE